スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ビフォア・・・

はじまりはユーロトレインから
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ユーロトレインの車内で出会った二人がお互いに心惹かれ合い、一緒に過ごした別れの時間までの14時間を描いた作品。
ビフォア・サンセット
ビフォア・サンセット
「恋人までの距離〜ビフォア・サンライズ」から9年。
作家ジェシーはパリの本屋の朗読会で、恋に落ちたセリーヌと再会する。
ジェシーの85分後に出発する帰国便までの時間に、9年分のお互いのことを語り合う。

主役のふたりが愛について、人生について語り合い、
心が通い合っていく姿をつづっている。
登場人物も非常にすくなく二人の会話中心。
どちらの思いも共感できるものが多い。
恋愛映画は実は苦手なのに、この作品だけは素直に受け入れられました。
ジェシー役のイーサン・ホーク、セリーヌ役のジュリー・デルピーがすごくすてきです!

結末のはっきりしたものより、こういうはっきりしないというか
見ている人が想像するような映画がすきだなぁ。
ゆっくりとした気持ちで、お茶でも飲みながらみてほしい映画です♪

TBさせていただきました
⇒80sキッズの逆襲の「ビフォア サンライズ 恋人までの距離

スポンサーサイト


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ビフォア サンライズ 恋人までの距離
1995年公開の映画です。1992年のダグラスクープランドのジェネレーションXという本から X世代(日本で言う団塊ジュニア世代か?)という世代カテゴリーの言葉が生まれました。その世代
  • 80sキッズの逆襲
  • 2006/01/14 6:33 PM