スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


幻夜

幻夜
幻夜
東野 圭吾
1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた大地震。
美しく冷徹な美冬と、彼女の意のままに動く雅也。
女の過去に疑念を持つ刑事加藤。あの『白夜行』の衝撃が蘇る!

先日読みかえした「白夜行」の続編?ということもあり、白夜行の余韻が残しつつ一気に読みました。
かなり眠いです(笑)
白夜行は第三者の視点で描かれていましたが、こちらは主人公の二人の視点で描かれています。
二人が出会う阪神大震災の設定場面が西宮、私の地元なので雅也たちのいたところがだいたいわかることとあの震災を経験したことでイメージが作りやすく、より身近に二人を感じることができました。

物語は凄く簡単に言えば、一緒に幸せをつかむことを願って邪魔なものをけしてゆくという話。
震災の日にであった雅也と美冬と名乗る女性。
彼女は震災で過去をリセットしようとした、白夜ではなく明るい太陽の下を歩くという選択もあっただろうに…白夜の中でも太陽の下へ続く曲がり角がいくつもあっただろうに…彼女は白夜を歩くことを選択した。
亮司と雅也は違うこと、百も承知なのにやっぱり比べてしまう。
彼女にしても、いまいち相手を信用しきれてないし、ただの思いどおりに動く使い捨ての道具のような感じだ。だから何度も「信じている」という言葉をいうことで雅也を特別の人だと思わせなくてはいけない。「信じてる」この言葉には、相手にその信頼を裏切ることはできないなと思わせる力を持っているから。
「信じてる」という言葉とともに「二人の幸せのため」という言葉もよく美冬は口にする。彼女がいう二人の幸せと、雅也の思う二人の幸せにはかなりの違いがあることは確かだ。
しかし、彼女の幸せっていったいなんなのだろう?


白夜行もそうですが、この幻夜も余韻をたっぷりと残し、しばらくはほかのことが考えられない。気がつくと登場人物の気持ちを考えてしまっていたりする。そんな感覚が心地よい作品でした。
白夜行と幻夜、どちらも「風と共に去りぬ」が登場する。
「風と共に去りぬ」は映画で見た程度で、クラーク・ゲーブルがかっこいい!ことしか記憶してない。これを機会に風とともに去りぬを読んでみようと思う。

スポンサーサイト


コメント
こんにちは。東野さんは一冊しか読んでないんですが、『風と共に』はだいぶ前に読みました…といっても最後の巻をきちんと読んでない(-_-;)でもおすすめです。私はヒロインのスカーレットよりも優しい性格のメラニーが好きです。
  • gemin
  • 2006/02/18 11:26 AM
白夜行、私はまだ原作を読んでいなくて、ドラマの内容しか分かりませんが、幻夜は読みました♪
美冬の過去は、雪穂か???とか思ったりしたけど、それじゃ時代が合いませんよね・・・・(T_T)
こんばんわ〜♪
「信じてる」と嫁に言われると・・・
確かに悪いことはできませんねぇ☆
震災体験したんですかっ?
私の住んでいる福岡も去年、大きな西方沖地震がありました。
あんなに怖い思いをしたは初めてでした。
神戸の街は震災後何度か行ったことがありますが、
よく復興したなぁと思います(神戸の震災後の写真を見るとすごいですもんね・・)

あぁ・・まだ「白夜行」読んでません・・・
うぅぅ来週こそは・・読むぞっ!!!!
  • hide
  • 2006/02/19 12:24 AM
geminさんへ
こんにちは。
風と共に去りぬ、既読なのですね。
映画でチラッと見ただけで、内容もあらすじ程度なので読むのが楽しみです。
おすすめとあらば、是が非でも読まなくては!
*先日、コメントいただいたときに geminさんのblogにどうしてもジャンプできなくて…。この度駆け足で拝見させていただきました。またお邪魔させていただきますね。

家計の味方さんへ
はじめまして♪
ドラマは原作とは時代設定が違うようです。
白夜行をごらんくだされば、美冬が雪穂かどうか
はっきりわかると思います。
白夜行を読んでから幻夜に出てくる美冬の過去、美冬がいう言葉を線で結べば、おのずと美冬が誰かはわかるはず。
そういうことを含めて、幻夜だけでも読みごたえのある作品ですか、白夜行とともに読んでより幻夜をたのしめると思いますので、ぜひ白夜行の原作もご覧ください♪

hideさんへ
信じてると信頼させるのはうれしいけど、
なにかに縛られているという感は否めないかもしれませんね。
悪いことをしたいわけでもないんですが…。
西方沖地震の経験者なのですね。
地震は、体験しないといまいち怖さを実感できませんものね。
事前にわかってもできることはすくないと思いますが、突然くるっていうのが怖い。大切な人をうしなったり、それまでの繋がりが一瞬で壊れちゃうってことも。
白夜行を読み終わったら、幻夜も読んで見てくださいね。
本から目が離せず、寝不足になるかもしれないほどの読みごたえがあります♪
  • 桂花
  • 2006/02/19 9:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
幻夜
東野 圭吾 幻夜 白夜行 を読んだときにご紹介を受けた本。 確かに似ている。 でも、白夜行 がお互いに利用し合って(差さえあって)いたのに対して、こちらは女性が一方的に利用している。 私は白夜行 の方が好きだな、正直。 構成がほとんど一緒な
  • 乱読日記
  • 2006/04/02 10:17 PM
東野圭吾【幻夜】
東野圭吾の 二大悪女小説 といえば、【白夜行】と【幻夜】である。 【白夜行】に登場する女の「悪女」ぶりは、同じ女の私には読んでいて身の毛がよだつものだが、悪女の心の奥の奥に、ほんのちょっぴり可愛らしさがありそうな気もする。 悪女が悪
  • ぱんどら日記
  • 2006/05/09 4:10 PM