スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


女たちの江戸開城

女たちの江戸開城
女たちの江戸開城
植松 三十里

慶応四年、鳥羽伏見の戦いに敗れた十五代将軍徳川慶喜が江戸へ逃げ帰って来た。慶喜追討令が出され、江戸へ向かって官軍が進発しようとしている。このままでは、江戸が火の海に包まれる。慶喜から朝廷との仲立ちを頼まれた皇女和宮の密命を受けた大奥上臈・土御門藤子は、一路京へ向かう旅の物語。

京都からずっと和宮さまのおそばに仕えていた土御門藤子さんをテーマにした小説。
土御門家といえば、安倍清明からつづくで陰陽頭のお家筋。
江戸城の開城について、大奥のおんなたちの側から書いたもので、
そういう考えかたってあったんだと思いました。
幕末といえば、官軍と賊軍。朝廷か幕府。大きく分けたら2つの考え方があるわけだけど、そのなかにもまたさまざまな思惑があったんでしょうね。

久しぶりにいい小説に出会えたなっと感じた一冊でした。


スポンサーサイト


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック