スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大統領の執事の涙

評価:
---
KADOKAWA / 角川書店
¥ 3,168
(2014-08-15)

JUGEMテーマ:映画

 

 

知っているアメリカ大統領の時代に

まだまだ人種差別があったことに、まだ未だにあることに

根深い問題だと感じました。

 

「白人に見せる顔と自分の顔と二つ使い分けなさい」

「怖いと思わせないようにする」

 

重い言葉だ。

 

ただ感動するんじゃなく、もっといろいろ知って考えないといけない。

他国のことと思うのではなく。

 

 

こういう映画すきだな。

一つの事柄が、また次の映画や本を見たいと思わせる。

広がりのあるものってのは、いいですね。

かっこよくいえば、知的好奇心を刺激されるというのかしら。

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック